ペグの種類と使い方

ペグの使い方

ペグペグを打つときの角度は60°~90°

が基本です。また、ペグの頭は完全に

は打ちこまないようにし、地面から

3~4cmほどだしておきましょう。

ペグを抜くときは手袋をして、ペグ

の角度に合わせて引き抜きます。

地面がかたく抜けずらい場合は

ハンマーの釘抜き、または専用の

ハンマーがあると便利です。

ペグハンマー

手持ちのペグでは刺さらない、ペグが足りないなどの場合は以下の方法でもペグの代わりとして固定できます。

  • 大きな石にロープを結ぶ。
  • ピンペグなどを十字にしてロープを結び、石で重しにして固定する。
  • 木にロープを結ぶ。
  • 車のタイヤなどにロープを結ぶ。

 

 

ペグの種類

ここでは代表的なペグの種類をご紹介します。ペグにはいくつもの形状、

素材などがあります。サイトの特性に合わせて使い分けましょう。

 

ピンペグピンペグ

比較的に刺さりやすいペグだが、ある程度硬い地面で

ないと抜けやすい。張り網などに使用することが多い。

 

 

 

スチールペグスチールペグ

強度が強く河原などの石混じりの場所でも使用可能な

万能ペグ。

 

 

 

ネイルペグネイルペグ

スチールペグ同様、強度のあるペグで柔らかい地面

から硬い地面まで適応する万能ペグ。

 

 

 

V字ペグV字ペグ

挿しやすく抜きやすい。柔らかな地面から砂地まで

適応する。

 

 

 

U字ペグU字ペグ

柔らかな地面や砂地に対応するが保持力は大きくない。

 

 

 

プラペグプラペグ

テントに付属で付いていることが多い。芝や柔らかな

地面には適応するが河原などの石混じりのサイトでは

歯が立たない。

 

 

オススメ万能ペグ

テントに付属しているプラペグだけでは対応できないサイトもあり、

サイトの特性に合わせたペグが必要になります。

とは言えいくつものペグを購入するのもむずかしいもの。

結論から言うと付属のプラペグとスノーピークのソリッドステークス

あれば大抵のサイトには適応できます。

もしくはそれに代わる鍛造スチールペグかスチールペグなどがあれば大丈夫だと

思います。

柔らかい地面、砂地などではプラペグを使用し、硬い地面、石混じりの地面など

ではソリッドステークスを使用すればどんな場所でも万能に使えます。

ソリッドステークス

 

更新日:

Copyright© キャンプ GOGO , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.