テントの設営と撤収

テントの設営

ドーム型テントの設営について説明します。設営は1人でも可能ですが、

慣れるまでは2人以上で設営すると楽に行えます。

テントの四つ角のペグはしっかり打ち、張り網は風の強弱などにあわせて

調整しましょう。

 

テントを広げる

広げたテント設営する位置を決め出入り口の方向を

確認してテントを広げます。

シワにならないように2人で対角から

適度にひっぱり伸ばし、四角のペグを

打ちます。ペグの角度は60°~90°

ぐらいが基本です。抜けないように

しっかりと打ち込みます。

ペグ

 

スリープにポールを通す

テント、ポール何種類かあるポールの中に同じ長さの

ポールが2本あると思うので、

そちらがテントを立ち上げる

メインポールになります。

ポールを繋ぎ合わせながらテントの

スリープに通していきます。

スリープに通したら2本とも片側を

ピンにさしておきます。

ポール

 

テントを立ち上げる

テントを立ち上げるフックを挿していない側のポールを

持ち上げるようにして、テントを

立ち上げます。

その際にテントのチャックを少し開け

ておきましょう。空気が中に入り

スムーズに立ちあがります。

テントが立ち上がったらポールをピン

に挿して固定します。

次にテントの斜面についているフックを

ポールにかけて、固定します。

ピンを差し込む  フックをポールにかける

 

フライシートをかける

フライシートテントが立ち上がったら出入り口の

方向を確認しフライシートをかけます。

両端を2人で持ちテントの上に被せます

次にフライシートの四角をテントの

四角にあるフックにかけ固定します。

フライシート内側にマジックテープが

ある場合は忘れずにポールに固定します

あとはペグを打ち張り網を張れば完成

です。

フック
 

 

テントの撤収

撤収も2人以上で行ったほうが楽にできます。基本的には設営の逆の

工程で行います。晴れていても夜露などでテント底部やフライシート

内側外側などは結構濡れるので収納する前にしっかりと干しましょう。

 

フライシートをはずす

テントをひっくり返す張り網とテントの四角のフックをはずし

フライシートを外します。外したフライ

シートは柵やロープなどに干して

おきましょう。

テントの片側の2本のペグを抜き、

テントをひっくり返して干しておきます

 

 

 

 

 

フライシート、インナーテントを畳む

フライシート、インナーシート共に十分に乾燥したら畳みます。

 

インナーテントを畳む

ペグとポールを抜きテントを畳みます。ケースを横に置き、3つ折または

4つ折にしてケースと幅を合わせて折ります。折ったテントを巻きながら

畳んでいきます。

インナーテントをたたむ

 

フライシートを畳む

フライシートを広げ、端を中に入れ込みできるだけ四角い形にし、

3つ折または4つ折にしてケースと同じ幅にする。

先に畳んでおいたインナーテントを芯にして巻き込んで畳む。

フライシート

 

HOW TO 動画

コールマンタフワイドドーム

更新日:

Copyright© キャンプ GOGO , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.