SUP(スタンドアップパドルボード)の選び方

SUP(サップ)

SUP(サップ)には、さまざまな種類のボードがある。まずは素材で分類すると、大きく2種類に分類される。

インフレータブルボードは、初心者から上級者までにおすすめ!

1.サーフインのように固い素材でできたもの…ハードボード
2.浮き輪のように空気を入れて膨らませるもの…インフレータブルボード

の2種類に分類される。

まず、SUPを始めるにはインフレータブルボードがおすすめです。 
また、腕を磨いてた、上級者なら激流を川下り(ダウンリバーSUP)出来ます。

インフレータブルボードのメリット

その理由は
1.比較的安価(3万円程度)でSUPボード、空気入れ、フィン、パドル、リーシュコード、補修材、キャリーバッグなどがセットで購入できる。

2.SUPボードの大きさは、標準的なもので、長さ:3m、幅:90cm、厚さ:15cm、重量:10kg
度、インフレータブルボードなら空気を抜けば、かなり大きめのリュック(大人がひとり入るくらい)に収納できるので、キャリアの付いていない軽自動車でも、車内に入れて持ち運びことができます。

3.岩などの障害物にぶつかっても、弾力があり、破れにくい素材で作られているので、湖、海、川、静水、流水など場所を選ばず乗ることができる。

インフレータブルボードのデメリット

デメリットをあげると、

1.空気を入れないと使えない。手動で空気を入れるとかなりの運動量になる(私は、いい準備運動だと思っています。)

2.自然に空気が抜けたり、破れて空気が抜ける可能性がある。
*水上で空気が抜けると、浮力体から重りに変わり、SUPと一緒に沈む可能性もある

3.浮力が大きく、ボードの厚さ分(15cm程度)がほぼ水面に出ているので、風に流されやすい。特に海水は、真水に比べて浮力が大きくなるので、その傾向が強くなる。

4.初心者でも、手軽に楽しめるがゆえに事故が増加している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました